DNX408 ダンパーオイル漏れ

  • 2012/07/27(金) 22:24:36

何回組んでも漏れてしまうダンパーオイル。
というかダイヤフラムが裂けてしまい、そこからオイルが漏れてしまっています。

勿論ですがキャップは漏れにくいV2仕様を使っています。


そこでトレスレイに質問してみました。
ダンパーの組み方を教えて欲しいという質問なんて・・・・本当に恥ずかしいです(笑)


因みに私の今までの方法は
・ショック本体にオイルを入れる
・キャップにダイヤフラムを入れてオイルも少し注入する(馴染む程度)
・キャップを本体に少しだけねじ込み、シャフトを押してオイルを排出
・最後にキャップを締めて完成
です。

これを伝えてみました。
そして翌日に早いレスポンスがありました。

そこにはこう書かれていました。
・ショック本体にオイルを入れる
・シャフトをいっぱいまで押し込んでオイルを排出する。
・この状態でショックにダイヤフラムをのせ、更にあふれたオイルをふき取る。
・最後にキャップを締めて完成
こうすることで、若干オイル量が減り、ダイヤフラムが破損しにくくなります。

φ(゚Д゚ )フムフム…

考えても仕方が無いので実践あるのみ!
THE 確認!

・・・・
・・・
・・


既に8個ものダイヤフラムを破損させてしまっているので、もう予備がありませんでした。

_| ̄|○

ってことでDNX408は暫く保留です。
残念です。



追伸
AGAMAオプション盛り盛り仕様は、実は北見のAZコースでの走行を視野に入れて組み上げていました。
しかも今週末を予定して組み上げました。

が、今回も家庭の事情により遠征不可能に・・・

もう遠征は諦めます(笑)
そしてオプション盛り盛りアガマは盆栽にします(笑)

( ´∀`)ノシ

後片付け〜♪

  • 2012/07/24(火) 01:14:50

本日は元請の都合により仕事がオフになったので、昨日のレースの後片付け!

先ずは全ての荷物をバッグやケースから出して・・・
・バッグ&ケースは水洗い
・コード類は全てタオル拭き
・計測器やPCはエアー&タオル拭き
・タイヤは水が入らないように注意しながら水洗い
で、天気が良かったので屋根で日干しして終了!

ふ〜スッキリ♪

さて、それでも時間が余ったので

DNX408のメンテナンス&V2化!
ついでにサーボもHV対応に変更したので、これからはLIPOが使えます。


砂を食ってしまった?と思われたエンジンも分解してみれば大丈夫で一安心です。

余談になりますが・・・
実は昨日のレースでは使用しませんでしたが、レース前の走行ではDNX408の方が走ってたんです。
なので、こっちで出場しようかな?なんてヤラシイ考えもありましたが

神様は見てましたね。

ダンパーオイルが漏れ漏れです。


継ぎ足し作戦という手段で出る?とも思いましたが、考えてみればマシンを弄る時間が無いので却下です(笑)

キャップをV2化しているのにダイヤフラムの耳が千切れてしまうんですよね・・・
なんでだろう???
今後の課題です。
誰かに聞いてみよう〜っと。

って事で、ダンパー以外のメンテは終了です。

そして本日の作業は終了!

最後は、一日で使ったウエスを手洗いして完了。



さて。
AGAMA A8 EVOの今後ですが。
一先ず最低限のオプションのみでのセットアップとしては、良い所まで行ったんじゃないかな?と思っております。
なので今後はオプションを投入してさらなる向上を目指します。

その為の秘密兵器としてもう一台GETしましたので、ノーマルバージョンとオプションテンコ盛りバージョンで比較しながらのセットアップ計画を始動したいと思います。
・・・さて、その為のエンジンやメカの調達はどうしようかな。

( ´∀`)ノシ

GOエンジンは・・・

  • 2012/07/07(土) 01:12:32

先日ご紹介したGOエンジン。

・・・その前に
最近、ブログ見てるよ!という言葉を沢山頂きます。
本当に有難う御座います!
┏○ ペコ


で、件のGOエンジン。



これから慣らしを行うのですが・・・
その矛先はデュランゴのDNX408に向きました!


本日、メカも積み終えて全ての準備が完了しました。
これで次の日曜日は慣らしから行って、最終的にはDNX408も始動しようと思っております。

やはりメーカー違いのマシンを使う事でセットアップの幅が広がりますし、新たな発見も多々発掘出来るのではないでしょうか?

因みにこのDNX408はHS高木さんのリンケージを搭載しており、大事な部分はV2仕様にもなっています。
( ´∀`)bグッ!



って事でAGAMA A8 EVOに搭載するエンジンを考えなくていけませんが、それは・・・


ジャジャーーン!


RBのB10で決定!
ダンパーのセットが決まってからの搭載を考えております。

なんだか充実してきました。
週末が楽しみです♪

( ´∀`)ノシ

|-`) <そうそう!
|-`) <アガマとデュランゴって
|-`) <スターターボックスが
|-`) <共有出来るんですよ!

|彡サッ

|-`) <その場所、見つけてね!

|彡サッ

いつになるかな〜

  • 2012/05/09(水) 12:14:50

YASさんのブログ
なぜか復活 ラジコン奮闘記

鉄美の日記(十勝アクアRCバギーコース)
にてGW中のアクア・サーキットでのハチイチ走行動画が上がっておりました。

この様な動画を見てしまうと「早く走りたい!」と思ってしまいますが、実際にコースに出ると違う意味で速く走れなくて(´・ω・`)ガッカリ…してしまいます。

そして私の進行状況と言えば・・・
相変わらずこんな感じです。


昨夜も深夜まで仕事という忙しさでRCに手が付けられません。
それでも本当にちょっとだけでも!と、DNX408を手に取り眺めたりしております。

そこで気になる部分が・・・
リヤのバルクヘッドとサスマウントですが・・・


バルクヘッドで隠れているこのネジ。
長いのが入っており・・・
(写真は正規の長さに交換した状態)


バルクヘッドを押し上げて・・・
(ネジの跡が付いています)


バルクヘッド変形&亀裂が入っております・・・


むむむっ
これは交換かな?

或いは、この部分を少し削ってサスマウントに密着しないように加工しちゃおうかな。
バルクヘッドとサスマウントの密着が無くなればリヤ周り全体の剛性が少し下がってイイかもしれないっ!?
(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン


それにしても未だこんな状態でいいのかしら?
確実に出遅れている感が否めません(笑)

しかし、送料の関係からトレスレイにDEX410とDNX408の部品をまとめて注文したいのでDEX410とDNX408は平行で作業しないといけない・・・

(´ε`;)ウーン…

なんとか今月中には部品注文まで漕ぎつけたいですねっ!

( ´∀`)ノシ

DNX408 シャーシ剛性

  • 2012/05/08(火) 02:21:44

時間が無いのでDNX408は未着手なのですが、何気に手に持って思ったのは・・・

シャーシがゴツい!
カッチカチですって感じ。

これじゃぁメガグリップ路面でないとメカニカルグリップが低くて大変なのでは?と思ってしまう。
そこで手持ちのKYOSHO MP9と比較してみました。

まずはDNX408のメインシャーシのリヤ部分。


そしてMP9のリヤ部分。


しかも板厚も違い、DNX408は5mm厚でMP9は3mm厚。

DNX408の断面積は55x5=275mm^2
MP9の断面積は40x3=120mm^2

その差はなんと2.29倍!

実際にはMP9の最小断面積部分にはボルトが入っているのでもっと小さい値になります。

実際の強度計算として用いる断面係数で比較すると
MP9は(40x3^2)/6=60mm^3
408は(55x5^2)/6=229.16mm^3
となるので、その差は実に3.82倍になります。

本当はこんな簡単な計算ではありませんが暫定的な比較数値として、DNX408はMP9の約4倍の強度があるということになります。

( ゚Д゚)ヒョエー

MP9でもこの部分から破断する事は無いだろうと思うのと、実際に強度不足でふにゃふにゃしている感じも無い事からも、いかにDNX408が過剰な耐久力になっているかが伺えます。

剛性にこれだけの差があれば、そりゃぁメカニカルグリップにも多大な影響を与えますよね。

設備でもあればフライスで削ってしまうのも良いのですが、そういう特殊な設備は無いので手持ちのドリルで穴あけしちゃおうかな。
う〜ん、こんな事を考えていたら完成がどんどん遠くなっちゃうね。

( ´∀`)ノシ