除雪機修理【完結】

  • 2011/10/27(木) 15:58:23

除雪機修理が終わりました。
これで修理記録も最後になります。

ここ数日は除雪機修理や塗装に関する検索で飛んでくる方も多く、誰かの役に立てるのであれば非常に嬉しい限りです。


今回はスイッチとバッテリーの搭載を行い、無事に修理完了となりました!
では早速、サクサクっと修理記録を残したいと思います。

今回、エンジン始動の鍵紛失&キーシリンダーが壊れているという状況だったので、YAMAHAで新品の価格を聞いてみました。
確か2500円程度だったと記憶しています。

(´ε`;)ウーン…

高い!
その価格ならば違う部品で安く出来る!

って事で、ホームセンターにて380円と140円のスイッチを購入して自作。
合計金額420円で出来ました。

いや、嘘です。
520円です(笑)

それがコレ。
トグルスイッチがメインのON-OFFスイッチで、押しボタンがセルスタータースイッチです。

(防犯の為、線色は塗りつぶしてます)


ホームセンターで見つけた適当なスイッチです。

スナップスイッチ PU-71NH

新品価格
¥210から
(2012/11/29 11:25時点)




コチラは玄関チャイム用だったりします。

EA940CB-10 押しボタンスイッチ(DC用)

新品価格
¥197から
(2012/11/29 11:26時点)




で、装着状態がこんな感じ。
元々のスイッチの銘板がそのままなのは御愛嬌。

セルスタートのスイッチは、誤操作防止の為に裏に隠しました。

因みに・・・防水スイッチではありませんが、この除雪機はマイナスコントロール車なので、スイッチまで12vが来ていません。
なのでもしも水が浸入してしまってもショートはせず、エンジンが止まるだけ。
唯一問題なのが、メインスイッチONの状態でセルスイッチがショートしてしまうとセルモーターが回るのですが、セルスタータースイッチは操作盤の裏に隠したので濡れません。まぁ、メインをOFFにすれば止まるように回路を組みましたので、仮に濡れても大丈夫です)


そして最後の砦。
バッテリーの装着です。

今回、純正の高価なバッテリーには見向きもせずに、それよりも安くて容量の大きい軽自動車用のバッテリーを搭載します。
なので、元々のバッテリーケースは使えないので自作する必要があります。

そこで目に付いたのが・・・

ペットケージについてきて使っていないトイレ用のトレーです。


これを切断して、丁度良い大きさにします。
ホラ、ぴったり♪


で、除雪機に固定します。


後は底に緩衝材を敷いてスキマをスポンジで埋めて、ビニールを被せてテープでシールをすれば完成!
(携帯のバッテリー切れの為、写真はありません)


ふぅ〜〜〜っ
これで全ての工程が終わりました。


今回、スイッチやリレーの変更に伴って回路図を書き出しておきました。
これで、今後何かを追加するにも便利です。

(防犯の為、モザイク処理をしております)





さて、それでは衝撃の完成写真を見てみましょう。




凄い事になってますよ!











ジャーーーン!





わははははっ!
どうじゃーーーっ(笑)

奥様がルンルン気分で楽しそうに除雪をしている光景が目に浮かぶでしょ?
でも、使うのは革ジャンとウエスタンブーツが除雪姿であるワタシです。
長靴?
持ってません(笑)

壊れている&壊れそうで交換した部品、錆びて使えないボルトや塗料代を含めても10,308円で修理&塗装完了です。

今回は安価に済ませることが目標だったのですが、もっとお金をかけるならば塗料のカラーも選び放題でした。
安価な黄色スプレーと手持ちのピンク塗料では選択肢が無かったのです(笑)


これでYSM870の修理記録は終わります。
現在、セルモーターにて一発でエンジンが始動します。
ちょん♪とスイッチを押すだけで始動します。
そしてアイドリングもガバナも絶好調♪

長く使えそうな除雪機に仕上がりました。



( ´∀`)ノシ

除雪機修理その3かな?

  • 2011/10/22(土) 23:08:52

最近は完全にハチイチバギーのブログじゃなくなってますし、しかもRCとも関係無い話が続いてますが・・・

YAMAHA除雪機YSM870の修理の続きです。
今回はイグニッションコイルの調整と下地塗装編です。

イグニッションコイルとフライホイールの図。
ここでプラグに火を入れる為の元電気を生成しています。


問題になるのはフライホイールのマグネットとイグニションコイルの距離です。
基準値は0.3mmとのことなので、私のペラッペラの名刺を折り畳むと丁度0.3mmでした(ノギス計測)ので差し込んで見ます。
あらら・・・スッカスカ。
これではちょっと離れすぎなので調整しましょう。


本当であればシックネスゲージ等で正確に測りたいですが、これは今後の購入ということで今回は名刺で代用です。

(STRAIGHT/ストレート) シックネスゲージ(ミリ) 16-849

新品価格
¥330から
(2012/11/29 10:42時点)




その前にフライホイールのマグネットの錆を落として凹凸を無くします。
(勿論ですが全周を磨きます)


そして折りたたんだ名刺を挟んでボルトを締めると0.3mmに調整完了。
ちゃんと一周させて干渉が無いかのチェックもしましょう。


試しにフライホイールを手で左右に往来させてみるとプラグからパチパチと火が飛んでいるのを確認して完了になります。



因みにYT-875にはNGKのBPR 4HSのプラグが付いておりました。
中古購入なのでメーカー標準は不明ですが、アイドリングも吹け上がりも問題ありません。

スパークプラグ 7823 BPR4HS

新品価格
¥290から
(2012/11/29 10:44時点)




続いて塗装編。
今回はYAMAHAの除雪機では定番である青から、SUZUKIの除雪機っぽい黄色にします。
その理由は・・・単純に私が好きな色が黄色であるのと、1缶200円で買えるスプレーでは色の種類が少なく「黒」「白」「青」「赤」「黄」しか選べなかったからです。

黒や白はイマイチでしたし・・・
青は純正と変わらないし・・・
赤はHONDAの除雪機の純正色で、既に一台あるし・・・

って事で消去法で黄色になりました。


先ずは錆止めをハケで塗り塗りします。


今回は最終的に淡色になる予定ですので、元々の青が下地になると発色が悪くなるのでサビ止めも兼ねての下地処理を行いました。

カンペ 速乾さび止め 0.5L グレー NO10800505

新品価格
¥771から
(2012/11/29 10:44時点)




スプレーだとコレとか。

アスペン サビドメスプレー グレー 300ml

新品価格
¥620から
(2012/11/29 10:49時点)






で、一気に飛ばして



マスキング完了と重ね塗りの一回目を終えて、本日の作業は終了。


本体の塗装と同時に外した部品も個別に塗りますが、オーガーやシュート等の雪と接する部分はシリコン配合の塗料を使いますので塗りわけなくちゃいけませんね。

あと・・・雨の日の塗装はダメですね。
自分で使うって事で妥協出来ますが、誰かに頼まれた除雪機だったら納得出来なかったです(笑)

あ!
今更ですが。
今までに除雪機の修理をした回数は・・・・・0回です。
そう、これが初めてです。
なので多分に間違った解釈をしている部分があるかもしれませんし、調整が足りない部分があるかもしれません。
何せ手持ちの工具は全てホームセンターで投売りしているようなものしか持っていませんし、電動工具も6000円程度の中華製のドリルしか持ってません(笑)

「ドの付く素人」の修理日記だということでヨロシク!

( ´∀`)ノシ 彡

またまた除雪機の修理記録です

  • 2011/10/21(金) 16:13:52

DEX410Rのブラシレスモーターが届きました!!
これで全ての部品が揃い、組立再開!と思いきや・・・

その前に除雪機を直してしまわないといけません。
因みに・・・今回修理している除雪機はYAMAHAのYSM870という除雪機です。
発売開始から15年程経過してるのかな?
よく判りませんが、除雪機としてはまだまだ健在の筈です。

それでは簡潔に、修理記録を。

先ずは、前回までで問題となっていた電装部品の修理から。

ダイオードはもげてしまった端子の根元にハンダで線を追加。
こうすることで端子に力が掛からないので大丈夫。


リレーは電通してみたが完全にアウト。


なので手持ちの汎用の4極30Aリレーで代用。


【2012.11月追記】
その後代替リレーでも問題なく動いております。
メーカーは違いますが、コレも同じ性能だと思います。
リンク先に結線図も書いてあるのでオススメです。

エーモン 1244 リレー 4極・DC12V車専用・30A

新品価格
¥980から
(2012/11/29 10:35時点)





鍵紛失&マイナスドライバー挿入済みとの事でしたので、キーシリンダーを分解して「何でも回せる君」に変更(笑)

(2011.10.27日追記:防犯の為、モザイク処理しました)

で、ついでに接点の回路図もメモしておきます。
後にスイッチを交換する予定。

(2011.10.27日追記:防犯の為、モザイク処理しました)

この状態でセルモーターのテスト。
元々の結線が不明でしたので、脳内で回路図を思いながら繋ぎます。
ダメだったら燃えるだけ〜♪と思っていましたが、無事にセルモーターが回りました。


これで電装関係の故障状況を把握出来たので、あとは後々に部品を調達して改造します。
セルモーターのスイッチを、最近流行のLEDのプッシュ式とかにしたい!という野望があります(笑)

で、次はエンジン始動工程に入ります。
分解清掃したキャブは見ての通りピッカピカに。


で、リコイルをエイッ!と引くこと3回目でエンジン始動。
バッチリです。
暖気が終わってからアイドリングの調整とガバナの調子も確認して、問題なし。
これで機関関係は終わり!

さ〜て。
エンジンが始動すると判れば、次は各部のメンテナンスと再塗装です。


先ずは折れてしまったエンジンマウントブラケットを購入。
よく壊れるらしく、ヤマハにて在庫がありました。
(YAMAHA品番:7KF-11013-01)



フレームの塗装をするので、エンジンも降ろしてしまいます。
で、リコイルを外してビックリ!
フライホイールのサビがハンパねぇ!
ワイヤーブラシで軽く落として、セルモーターのギヤ部分に給脂だけしておきましょう。


エンジン、オーガー、クローラーを外してしまえば何だか判らない胴体とハンドル。
パネルの部分も塗装の為に、後に外す予定です。


で、本業の仕事もあるので作業は午前中のみです。
午後はこんな感じで車庫を占有しております。


こういうサビも今回は処理します。
灰色の塗料は「サビの上から塗れる」という塗料ですので、ワイヤーブラシ+ドリルのコンボでグリグリとサビを落としてから下地として塗り塗りします。


オーガーケースやシュート内部に塗る塗料です。
シリコン配合の塗料は雪の付着が軽減されるので、オーガーやブロワ、オーガーケース内部やシュート内側へ使うのに最適です。
手持ちがピンクしか無かったので、今回は可愛らしくピンクにします(笑)


除雪機の塗料についてはコチラに詳しく書いていますので参考にしてください。


インペラー(ブロワ)はオーガーよりも高回転で回るので、ベアリングのチェックを忘れてはいけません。
(ベアリングは写真のブロワの背面にあります)
油切れしてましたが、ゴロゴロ感も無かったので注油でOKでした。
(注:煩い除雪機って、ここがダメな場合が多いです。その際にはオーガー両端に付いているベアリングと互換があるので、調子の良いベアリングをブロワの背面に使いましょう)



写真はありませんが、今回はVベルトも交換します。
特に走行用ベルトの損傷が激しかったので、走行用のVベルトは交換の際にグレードを一つ上げます。

【オーガー用】
・三ツ星ベルト株式会社 LB36(オレンジ)
・7KF-46241-00(YAMAHA品番)

三ツ星ベルト 農業機械用Vベルト オレンジLB-36

新品価格
¥1,882から
(2012/11/29 10:33時点)





【走行用】
・三ツ星ベルト株式会社 LA35(STD)
・7KF-46242-00(YAMAHA品番)

三ツ星ベルト 農業機械用Vベルト オレンジLA-35

新品価格
¥1,154から
(2012/11/29 10:34時点)





これが純正で使われているVベルトですので、走行用もグレードをオレンジに変更しました。
因みにVベルトは規格品なのでバンドー化学?、他のVベルトでも使えます。

便利なリンクも発見しました。
ロシアのサイトですが、色々な除雪機のパーツリストが乗ってます。
ttp://yamaha.keramik.od.ua/user/snowthrower/index.html
(先頭にhを付けてください)
今回のYSM870は載ってませんがYSM870Eが似た構造でしたので参考にしています。

走行のフリクションディスクは問題なし!
まだまだ使える!って事で脱脂のみ。

除雪機の修理をこの土日で終わらせないと、次に控えているATVを除雪仕様に改造する作業が終わる前に雪が降ってしまう・・・

続く・・・

( ´∀`)ノシ 彡

除雪機の分解、そして修理

  • 2011/10/17(月) 23:52:00

北海道ではそろそろ冬支度。
と言うことで今回もラジネタではありません。
スミマセン
┏○ ペコ



左の赤いのは、昨年まで使っていた5馬力の除雪機。
そして右の青いのが、今年から使う予定の除雪機で8.5馬力!



「予定」と書いているのには訳があり、実は故障しております。
故障して3シーズン、屋外に放置していたという事ですので、実質的には4年程動いていない事になります。

なので雪が降るまでにこいつを直して、今年の冬はワンランク上の除雪を目指すと言う訳です。


先ずは分解♪分解♪
オーガーもギヤも問題無し!
再塗装する予定なので、シュートやタンク、カバーも外します。


4年の間に気化したガソリンが残していった思い出のスラッジが、キャブレターの内部にビッシリと固着していました。


なのでキャブクリーナーとシンナーを使って落とします。
フロートが外れなかったので、様子を見ながらシンナーに浸けて放置。


走行にも支障があったらしいので、底部のカバーを外すために除雪機を立たせます。
燃料タンクもキャブも外して、エンジンオイルも抜いたのでok!


フリクションプレート?とでも言うのか、走行動力を伝達するプレートとディスクの磨耗も思ったほどでは無く、リンクへの給脂とディスクの脱脂で済みそうです。
ついでに掃除と、その他の部分の給脂を済ませて底部は完了。


問題の電装関係。
基本的には先日直した中華ATVと変わらないのですが・・・
キースイッチ:鍵無し
バッテリー:無し(14L-B2サイズ)
ヒューズBOX:無し
メインリレー:作動せず
ダイオード:破損
こんな状況なので、安価に済ませるべく何かしらの代用品を探す旅に出ます。
バッ直ではスターターモータが反応したので、多分生きていると思われますが、部品調達まで暫くはリコイルでエンジンを始動すると決めて一時保留。
キースイッチもロッカスイッチに変え、セル始動をLEDのプッシュスイッチに変えたいと思っています。



ここまでの作業で初日を終えます。
雨天だったので車庫内での作業だったのですが、キャブクリーナーとシンナーにヤラレて偏頭痛と吐き気でダウン(笑)
まぁ、キャブはシンナーに1日浸けてる予定だし、寒冷地用の汎用エンジンオイルも手持ちでは不足なのでいいでしょう。

そして最後に・・・
誰か、こんな形状のスターターリレーを余してませんか?(笑)
(写真は別物ですが)




中華ATVも同様の形状だったのでヤフオクにて購入したのですが、当時は送料込みで398円で買えたのに、今は安価に買える出品が無いんです。
業者出品はヤマト運輸指定なので、送料だけで1500円とか2500円!
イヤイヤ、それは買えません(笑)

浅Pさん!
テキトーなバッテリー(入れば可)と、テキトーなリレー(4極)と、ダイオード(下写真)(スタンレーのDE45が付いてました)と、テキトーなスイッチ(トグルでもロッカでも)。


お願いします(笑)
┏○ ペコ


こんな感じで、最近は仕事&冬支度に追われています。
DEX410Rについては、既にブラシレスアンプとリポバッテリーは購入済み。
ブラシレスモーターも現在、税関のチェックを受けているとの事ですので、全てが揃ったら手を掛けたいと思います。

( ´∀`)ノシ

新しいバギー!

  • 2011/10/08(土) 14:25:51

新しいGPバギーを買いました。
Made in Chinaの凄いヤツです。

それがコレ!


って、ラジコンじゃな〜〜〜い(笑)
そして中古です。


RCブログなのに関係の無い話題ですみません。
┏○ ペコ

なんだかよく判らない中華製のATV。
50ccのエンジンが付いていて、3段リターン式でリバースギヤまで付いています。

これで会長のバイクとレースが出来る!?
なんてアフォな事を思ってたり思ってなかったり。

それはさて置き、このATVは凄い!
中華クオリティが満載です。
けなしているわけではなく、1/1エンジンバギーとしての「おもちゃ」と考えると最高に楽しいです。

先ず、付属のバッテリー。
既にゴムキャップが2つ程なくなっていて、単なるウエイトと化していました。



1/8GPのエンジンは精密すぎて弄るのが怖いですが、ケイヒンのパクリキャブレターならば何も怖くありません。
始動性が非常に悪かったので分解清掃。


セルモーターの回りが悪かったので、スターターリレーを見てみると・・・
プラスチックが割れていてこの有様(笑)


足回りに至ってはカナリのやっつけ具合で、割りピンがキャッスルナットに掛かっていません。
なのでナットが緩み放題で、足がグラグラ(笑)
割りピンとキャッスルナットって、脱落防止じゃなくて緩み止めだと思っていた私が間違っていたの?と思えるほどに、全てのナットがこんな状態。


毎日2〜3時間、コツコツと修復&メンテナンス作業で遊んでいます。
ミニカー登録で公道の走行も可能ですが、とてもじゃないですが乗り回したくないです。
移動の際には我が家の軽自動車にジャスト・インなので問題もありません。

因みにDEX410Rは、現在部品待ちです。
見たことの無いメーカーのブラシレスモーターを購入したので、これも非常に楽しみです。
Viper R/Cというメーカーかな?

これがOFFで使えるのか?信頼性は?なんて知りません。
購入動機は「カッコイイから!」なんですもん。

後はバッテリーを買えば全て揃うことになりますが、私がATVやラジコンで散財していると奥の方からも何か聞こえてきます。

(*゚ー゚) <ブツブツ・・・が欲しい。

( ゚д゚ ) <えっ?!

(*゚ー゚) <犬が欲しいの!



って事で、既にokst師宅にも居る犬種のヨークシャ・テリア購入。
地味にATVの3倍の価格(笑)

これで私も心置きなくバッテリーが買えます。
( ̄ー ̄)ニヤリ

とは言え、これからの季節は仕事が忙しくなる時期なので時間を上手に使わないとね!

( ´∀`)ノシ 彡