雪中レース参戦記

  • 2012/02/12(日) 18:20:02



HDCサーキットで行われた雪中レースに参加してきました。

DEX410Rでの初レース!
ちゃんとした?コースを走るのも初!
しかも雪中レースまでも初参戦という、何から何まで

初 ☆ 体 ☆ 験


コース作りも終わり、それでは早速練習走行と致しましょう。
勿論ですが感覚を掴む事から始まるのですが、数周した所でジャンプ着地失敗でステアリングの部品が破壊。

「DEX410ってそこが弱いんだよね〜」

皆さんに言われましたが、予備パーツなんて持っていません。
すなわち・・・終了(笑)

。。。(o_ _)oパタッ

と、そこに登場したwtnb師。

「ホラ!直すぞ!」

そう言って私のマシンを車内のオペ室に持ち込み、応急処置を施してくれました。
それも見事な手さばきで!!

そして迎える予選1ヒート目。

応急処置なのでステアリングの駆動抵抗が大きく、サーボがトルク負けをしていてゆっくりしか動きません。
が、先ほどまでは全く動かなかったので手術は成功しています。
そもそも-6℃の環境下では手が痛くなるほどに冷えてしまうので、ステアのスピードなんて私には必要ありません。

自分なりに普通に走って予選1ヒートを無事に終えれるかな?と思ったその時。
ジャンプ!って程でもなく、勢いを殺して進入したジャンプ台の着地で転倒してしまいます。
そして持病が再発してジ・エンド(笑)

応急処置なのに無理をした私がバカでした。

これじゃぁ再手術を施しても無理だろうなぁ・・・と思っていたら救世主の登場!!

なんと。
自宅にある予備パーツを家族に頼んで届けてくれるというサプライズ。
なに?これ?プロポーズ?と危なく勘違いしてしまいそうになりましたが、その方は勿論私と同性ですし奥様もいらっしゃるとの事(笑)

そして無事に完治して第2ヒートに参加。

「これが壊れたら最後だ」
「これが壊れたら最後だ」
「これが壊れたら最後だ」

呪文のように言い聞かせながら無事にゴール。
そして結果はBメインの1位で決勝に!

決勝でも呪文を唱えながら安全運転でなんとか1位をキープして終了。
・・・というか、実は2番手を走行していた方のほうが早かったのですが、その方はジャンプを存分に楽しむというポリシーで走行されていて、何度も着地で転倒しており、それに助けられての1位キープでした。

BメインをTOPで抜けたと言うことは、勝ち上がりでAメイン出場になります。
うひゃぁ〜!怖いぜ!

怯えていても仕方が無いので、すぐに始まるレースの準備をしなくては・・・

しかし既にレースを終えて手がガチガチに凍っています。
さらに次レースの準備を寒空の下で行います。
まるで他人の手を借りているかのような状態ではバッテリー交換すらまともに出来ません。
ボディピンを付けることが、裁縫の針に糸を通すよりも難しいんです。
と言うか、ボディピンが手にくっ付いて取れないですし(笑)

しかし時間は無常にも過ぎ去りAメインの決勝レースが開始。
手を暖房にかざす事も出来ずにそのまま出場。

うん♪
無理です。

選手紹介の時、既に手は動かないんですもん。

なのでここは他車の邪魔にならないように走るという目標にシフトして、Aメインを走ったという事実だけをお土産に持ち帰る事にしましょう。

言い訳です(笑)が-6℃の中で15分も晒された素手は動かなくなって当然です。
人間だもの。
みつを。


そうして、他車からはフライング・ボディ・アタック等を受けながらも(笑)私からは絡むこと無く無事にレース終了。
上出来です。

存分に楽しめました。

そして今回は色々な方に助けられての完走でありました事をこの場を借りて御礼申し上げます。

有難う御座いました。
┏○ ペコ

雪中レースに出ます

  • 2012/02/09(木) 22:36:45

久しぶりのラジコンネタになります。

2月12日 HDCサーキットにて1/10EP OFFの雪中レースがあり、それに出場する事になっている私です。

しかし我がDEX410Rと言えば・・・
メカ積みこそ終わっていますが、ボディの塗装も未着手状態。
というかタイヤも持っていません。



まぁ、前日にボディの塗装や防水加工をしてシェイクダウンでレース参戦でもいいかな?なんて甘い考えしか持っていませんでした。

しかし神はそれを許さなかった!

先ず、有難い事にwtnb師がタイヤを持ってきてくれた。
そして帰り際に一言。
「明日、夕方から雪中走行会をやるから準備しておいてね

(;・∀・)

ちょっと無理かも?と思ったが、よ〜く考えてみたら絶対に無理だと気づいた。
タイヤを作って
防水加工をして
ボディの塗装をして・・・

よし!
優先度をつけて処理していこう。

防水をしっかりやればボディ無しでも問題無いだろう!という非常識な考えを真っ先に思いつき、ボディは無しの方向に。
この(間違った)決断力だけは誰にも負けません(笑)

タイヤに関してはwtnb師が買ってきてくれた1組と、キットに付属していたホイールしかないから悩まなくても済むのが有難い(笑)
接着なんてしませんよ、雪中ですもの(笑)
なのでサクサクっと組付け完了。
v( ̄Д ̄)v イエイ

さて、次は問題の防水加工です。
参考としてokst師の防水加工済みのマシンを持ってきてくれていたのを見たのだが、はっきり言って大変そうだ。
折角積んだメカやモーターも一度降ろさなくてはいけない・・・

(~_~;)

↑こんな顔をしていたであろう私にwtnb師が一言。
「防水はしっかりやらないとメカが壊れるからね

シェイクダウンで参加したレースでメカが壊れてリタイヤ。
こんな悪夢だけは避けたい。

そこで考えた。

一番弱いと言われているらしいブラシレスモーターのセンサーケーブルの根元はシューグーで。
これでバッチリ!

さて、問題の他の部分はどうしようか?

!!

見〜〜つけた!

それが「メタリック ラメのり 絵の具(銀)」という、名前だけではどんな物体なのか想像も出来ないようなもの。

言葉で伝える自信がありませんが・・・
それは子供がガラス等に絵を書く時に使うようなもので、100円均一に売っていたものです。
伝わった??

なんでそんなものを持ってるの?と言われると、いつかガラスに素敵な絵を描こうと思っていたからです!とハッキリ言います(笑)

どうしてシューグーじゃなくこれにしたのか?と言うと、乾燥してしまえば綺麗にペリペリっと剥がれるんですよ。
なので今回のテストでダメでも綺麗に元通り。

そして待望の完成図。


基本的にスイッチや受信機をブチル系の両面テープで密閉します。
それでも開いてしまう隙間に「ラメのり」を注入!

よし!
これで翌日の雪中走行会に参加出来るぞ。
そう思ってその日は就寝。

そして翌日の昼間。
ボディが無いって事はウイングも無いのだが、その状態で我が家の前で試運転。

は、早〜〜〜い!
今の1/10EP OFFってこんなに早いの??

見た目だけで選んだモーターも調子が良い。

因みに7.5をチョイス。

とりあえずボディ無しでも問題無く動いているので防水は大丈夫そうだ。
なので後は夕方を待つのみ。



そして時間になり、okst師の家に向かう。
「防水は出来たよ!でもボディは無理だったけど、ボディは飾りだから要らないでしょ!」と強気に出てみたが、そりゃぁ無理だろと言われて未塗装の標準ボディを用意してくれた。

感謝!

外は暗くて見えないからという理由で赤いテープまで貼ってくれた。

それがコレ。


カッコイイでしょ(笑)
この状態でおよそ3時間半。
6パック程度は走行したと思います。

コースはokst師の家の前に雪で作った即席コース。
そこで3時間半。
okst師とwtnb師は流石のセッティング術であれこれ弄って自分好みに仕上げていきますが、私はシェイクダウン。
初めてのブラシレス。

セッティングなんて意味が無い(笑)

なので兎に角走りこむ。
不具合があるなら今のうちに出て欲しいという思いで走りこむ。

うん。
なんとかコースを走ってる。

あとはレースに出るだけだ(笑)


なんて思ってたがひとつ忘れている。

そう。
ボディの塗装がまだなのだ。

って事で急いでボディを塗りました。
今回は時間が無いという言い訳をフルに活用してシンプルなデザインに。
これでも一応4色のグラデーションなんですよ。本人しか判らないけど。

完全に手抜きでスミマセン。
ステッカーも持ってないので、古いとかカテゴリー違いとか何も気にしないで「ソコに文字があるね」という効果だけを狙ったので凄い事に(笑)


バギーと言えば転倒。
特に私の場合では、どんな平坦な場所でも素晴らしい転倒を披露する自信がある。
って事で、裏には手をかけてトレードマークの髑髏を。



ボディとアンダーカバー。
手の掛け方が完全に逆転しています。



これで何度転倒しても恥ずかしくないぞ!
あとは当日〜♪

楽しむぞ〜っ


追伸
「メタリック ラメのり 絵の具」ですが・・・
ハッキリ言ってオススメしません。

防水効果はバッチリで、試しに剥がしてみましたが綺麗に剥がれました。

ここまでは問題ありませんでした。
しかし・・・

ラメ。
こいつがクセモノでした。

なんちゅーか、その、導通するんですよ(笑)

なのでショートします。
というか しました(笑)

走行終了後に帰宅してから、本番に向けてラメ注入♪したんです。
そしたら何故かスイッチオンでアンプの設定モードに強制突入。
恐らくスイッチの内部でラメが悪戯をしていたのだと思います。

面倒でしたが全て綺麗に取り除き、今は一から防水前提でメカ積みをやってます。
結局こうなってしまうんですよね。

なので絶対に真似はしないでくださいね。
最悪の場合、アンプが破損しますよ〜。
ちゃんと書きましたからね〜。

アディオス!

除雪機の塗料について

  • 2012/02/01(水) 00:49:23

このブログで除雪機ネタを扱うようになってから、検索ワードでのアクセスが多くなっております。
その中でも多いのが「除雪機の塗料」「除雪機の塗装」です。

除雪機の雪が飛ばなくなった・・・
雪の付着が多くて大変・・・
錆が凄いので塗装をしたい・・・

そこで私が使用している塗料をご紹介致しますので、参考にして頂けたらと思います。

それがこれになります。


撥水性にも優れていますので雪の付着が少ないです。


水性なので匂いが少なく、屋内でも塗装可能です。


また、色についてですが・・・
オーガーやオーガハウジングの内側、またシューターの内側については私は黒色がオススメです。

その理由は、作業終了後に太陽の熱を吸収して自然解凍を見込めるからです。

私の場合、除雪機での除雪終了後は手作業で仕上げの除雪を行っております。
そしてその間は太陽の光が当たる場所に除雪機を放置します。
するとアラ不思議(笑)
天候と気温に左右されますが、太陽にオーガーやシューターを向けておくと勝手に雪が溶けてくれる事があります。

雪が付着したままでの保管や氷が付着したままの保管は、次の使用時に除雪機へダメージを与えてしまう可能性があります。

凍っているのに気が付かなくオーガーを回転させようとしたり走行しようとするとVベルトが切れてしまったり、駆動部へも過大な負荷が掛かってしまいます。

そのような理由から私はオーガー、オーガハウジングの内側、シューター内側には黒色を使っています。

さて。
ここで少し気になるかもしれない「水性塗料」という点。

・水性塗料は鉄への密着が弱くて剥がれ易いんじゃないの?
・水性塗料は弱そうだ・・・

私も同じ認識でした。
が、間違ってというか、特に気にしないでこの塗料を購入してしまい、購入後に「しまった!」と思いましたが、実際に使用した感じでは何の不都合もありません。

気になったので最近の塗料について色々と調べてみましたが、塗料を専門に扱っているホームページ等を見ると

・最近は水性と油性の性能差が無くなりつつある
・臭気性で優れている水性が多用されている(屋根等)

といった言葉が多く見られました。
実際に私も使っていますが、水性でも油性でも性能差は判らないんじゃない?と思っております。

また、水性塗料には下記の様なメリットがあります。

・臭気が穏やかなので室内でも塗装が出来る
 (冬は部品単位で室内に持ち込んで塗装が出来ます)
・水で薄める事が出来る(シンナー不要)
・水で塗装用具の清掃が出来る(同上)
・手に付着しても落としやすい(やっぱり同上)
・という事で、シンナー不要なので経済的である
・油性よりも長期の保管が可能
・くわえタバコで塗装が出来る(笑)

そしてデメリットですが

・塗装をする面の油脂は完全に除去する必要がある

程度でしょうか?
私はブレーキクリーナーで拭いていますが、クリーナーは198円等の安いものを使っています。
或いは食器洗剤等も有効かと思います。


因みに、水分を少し含んだベタ雪を除雪したあとでもこんな感じでした。


上記YT875は現在もメインで使っており、シーズン初めに塗装を施したのですが現在でも除雪後はホウキでササッと掃くだけで綺麗になります。
この塗料で塗装を施していない部分と比較しても差は明らかです。

そしてこの塗料の使用量ですが。
私はなんとなく2〜4度塗りを行っています。
特にシューター内側とオーガハウジングの内側に至っては、多い時では4度塗りを行い、塗装面が少しでも滑らかになるように祈りながら塗っています(笑)

除雪機のサイズにもよりますが、1台でおおよそ0.2L程度でしょうか。

なので1シーズンと考えて0.4L程度がオススメになります。
これだけあれば足りるでしょうし、シーズン途中で上塗りをするのにも丁度良いかと思います。


で・・・

どこで買うの?


はい、お待たせしました。
ここでポチっと買う事が出来ますよ!(笑)


カンペハピオ ハピオセレクト つやあり くろ 0.4L

新品価格
¥910から
(2013/9/23 11:51時点)



容量もジャスト0.4L(笑)

是非試してみてください。


その他にも右側にある商品はオススメです。
自分が購入する為のリンクでもあります。
( ´∀`)ノシ