DNX408 ダンパーオイル漏れ

  • 2012/07/27(金) 22:24:36

何回組んでも漏れてしまうダンパーオイル。
というかダイヤフラムが裂けてしまい、そこからオイルが漏れてしまっています。

勿論ですがキャップは漏れにくいV2仕様を使っています。


そこでトレスレイに質問してみました。
ダンパーの組み方を教えて欲しいという質問なんて・・・・本当に恥ずかしいです(笑)


因みに私の今までの方法は
・ショック本体にオイルを入れる
・キャップにダイヤフラムを入れてオイルも少し注入する(馴染む程度)
・キャップを本体に少しだけねじ込み、シャフトを押してオイルを排出
・最後にキャップを締めて完成
です。

これを伝えてみました。
そして翌日に早いレスポンスがありました。

そこにはこう書かれていました。
・ショック本体にオイルを入れる
・シャフトをいっぱいまで押し込んでオイルを排出する。
・この状態でショックにダイヤフラムをのせ、更にあふれたオイルをふき取る。
・最後にキャップを締めて完成
こうすることで、若干オイル量が減り、ダイヤフラムが破損しにくくなります。

φ(゚Д゚ )フムフム…

考えても仕方が無いので実践あるのみ!
THE 確認!

・・・・
・・・
・・


既に8個ものダイヤフラムを破損させてしまっているので、もう予備がありませんでした。

_| ̄|○

ってことでDNX408は暫く保留です。
残念です。



追伸
AGAMAオプション盛り盛り仕様は、実は北見のAZコースでの走行を視野に入れて組み上げていました。
しかも今週末を予定して組み上げました。

が、今回も家庭の事情により遠征不可能に・・・

もう遠征は諦めます(笑)
そしてオプション盛り盛りアガマは盆栽にします(笑)

( ´∀`)ノシ

オプション仕様のアガマ完成!

  • 2012/07/27(金) 00:08:01

コツコツと組み上げてきたOptionテンコ盛りなAGAMA A8 EVOが完成しましたのでご報告です。



ガスクーラーなんかも付けてみたり!


前後左右のドライブシャフト根元のジョイントカップ部です。
ベアリングのホルダーをアルミ製にして、ベアリングをシッカリとホールド!
ベアリングに余計な力が掛かからないので、ギャップやジャンプの着地時にも駆動がスルスルになってくれるでしょう。



で、全体像はこんな感じになりました!


・マフラー側


・メカボックス側


・後方からもカッコイイんですよ!



う〜ん。
このまま飾っておきたいです。

因みに今回のセッティングはホームコースであるBCFをターゲットにしておりません。
この状態でBCFに持ち込むと跳ねて捲いて走れないかな?というセットにしています。

どちらかと言うと平坦な路面をターゲットにしてみました。
芝路面だと最高だろうな〜!なんて妄想をしながら(笑)


そして完成して思った事があります。
・・・(・_・?)ハテ そんなコースはあったっけ?


相変わらず我が道を突き進んでしまう私でした。


( ´∀`)ノシ

クラッチベルの磨耗

  • 2012/07/26(木) 23:47:26

ギアを見るとまだまだ使えそうなクラッチベル。


しかし内部が磨耗しており、クラッチミートに違和感が出てしまいます。


こういう見えない場所の確認も大事ですよね!


実際、クラッチミートのタイミングが変になりジャンプへのアプローチが合わなくなりました。


そうそう。
このクラッチベルはHB製です。
手持ちでAGAMA製の丁度良い歯数のベルが無かったので使っておりましたが、既に入荷しておりますので今後はAGAMA製のクラッチベルを使用して、耐久性を確認します。

( ´∀`)ノシ

AGAMA A8 EVO OPTION仕様

  • 2012/07/25(水) 02:31:01

ゆっくりと時間をかけてOPTIONテンコ盛りなA8 EVOを組立てております。



中古購入時に既に色々なOPTIONが盛り込まれておりましたが、そこからさらに追加しております。
で、中古購入でしたのでやはり一度完バラしております。

他の人の手によって組立てられたマシンって面白いですよ。
その人の意思が伝わってきますので、とても勉強になります。
「成る程!そういう意図なのね!」とか「こんな汎用パーツがあるんだ!」とかね。

しかし、そういう味付けがあると私の基本セットとの相性が不明になり、後に混乱を招く恐れがあるので、やはり完バラが必要になります。
そもそも走るコース、気候が違うとセットも大きく変わります。

で、このA8 EVOは実は日本国内では流通していないAGAMAのUSA仕様なんです。
特徴として大きく違うのはダンパーステーが黒!
カッチョエェ〜(笑)

また初期のロットなのでデフケースが強化版になっておりません。
(現在のロットはデフケースが3つとも強化版が標準装備になっています)

写真の通り、現在フロント及びセンターデフまでは終わりました。
ここまでの感触は非常にgoodです。
駆動がスルスル〜っと、とても良く回るようになりました。

また、AGAMA A8 EVOはフロントのステアリングロッドに若干の加工と、スタビバーをニューアングルに変更して微調整をすると走りが激変します。
これに関しては、準備が出来てから後に説明したいと思います。

そんな感じでスローペースですがスペシャルな一台が完成しそうです。
エンジンやメカに関しては、今まで使っていたマシンと共有でポンと付け替えしようかな?って。
メカボックスをシャーシから分離するのも非常に簡単な構造になっているので出来る技です。

同じメカ&エンジンを使用することでマシンの性能差がハッキリしますので、ノーマルVerとOPTIONテンコ盛りVerの違いも判り易いでしょう。


週末までに間に合うかな〜


( ´∀`)ノシ

後片付け〜♪

  • 2012/07/24(火) 01:14:50

本日は元請の都合により仕事がオフになったので、昨日のレースの後片付け!

先ずは全ての荷物をバッグやケースから出して・・・
・バッグ&ケースは水洗い
・コード類は全てタオル拭き
・計測器やPCはエアー&タオル拭き
・タイヤは水が入らないように注意しながら水洗い
で、天気が良かったので屋根で日干しして終了!

ふ〜スッキリ♪

さて、それでも時間が余ったので

DNX408のメンテナンス&V2化!
ついでにサーボもHV対応に変更したので、これからはLIPOが使えます。


砂を食ってしまった?と思われたエンジンも分解してみれば大丈夫で一安心です。

余談になりますが・・・
実は昨日のレースでは使用しませんでしたが、レース前の走行ではDNX408の方が走ってたんです。
なので、こっちで出場しようかな?なんてヤラシイ考えもありましたが

神様は見てましたね。

ダンパーオイルが漏れ漏れです。


継ぎ足し作戦という手段で出る?とも思いましたが、考えてみればマシンを弄る時間が無いので却下です(笑)

キャップをV2化しているのにダイヤフラムの耳が千切れてしまうんですよね・・・
なんでだろう???
今後の課題です。
誰かに聞いてみよう〜っと。

って事で、ダンパー以外のメンテは終了です。

そして本日の作業は終了!

最後は、一日で使ったウエスを手洗いして完了。



さて。
AGAMA A8 EVOの今後ですが。
一先ず最低限のオプションのみでのセットアップとしては、良い所まで行ったんじゃないかな?と思っております。
なので今後はオプションを投入してさらなる向上を目指します。

その為の秘密兵器としてもう一台GETしましたので、ノーマルバージョンとオプションテンコ盛りバージョンで比較しながらのセットアップ計画を始動したいと思います。
・・・さて、その為のエンジンやメカの調達はどうしようかな。

( ´∀`)ノシ