除雪機修理【スズキSS865ES】その1

  • 2012/12/21(金) 18:13:56

新たにスズキのSS865ESが我が家にやってきました。

走行レバーを前進に入れても後進に入れても動かないという代物です。
こういった症状の場合、先ず疑うのがVベルトです。

Vベルトが切れてしまうと全く動きません。
が、今回はVベルトは切れていないことを確認済みです。

そうなると・・・

ヤナセやスズキの除雪機特有?のトラブルになりますが、フリクションディスクの破損とドリブンディスクの磨耗が考えられます。
(ホンダやヤマハでも同じ症状になる可能性がありますが、ヤナセ&スズキは被害が大きいのです)

って事で、えっこらしょ!と除雪機を立てて整備姿勢にします。


しかしコレが大変(;´∀`)
何せ車体重量が100kgオーバーなので、とても重たい!

そうそう。
この姿勢にする前に
・燃料タンクの燃料は少なめにしておく
 (キャップから漏れる場合があります)
・キャブレターの中の燃料は排出しておく
 (燃料コックを閉めてアイドリングで放置)
・バッテリーは外しておく
これらを忘れないようにしてください。
不安であれば、エンジンオイルも抜いてください。
(メンテナンスの際には交換するのが前提でしょうから)

そして腹下のカバーを外して内部を確認。

φ(゚Д゚ )フムフム…

思ったとおりです。


フリクションディスクのツバが破断して分離してしまっていますし、ドリブンディスクの樹脂も無くなっています。

これじゃぁ走行レバーを入れても接触しませんので、動力が車輪まで伝わりません。


さて・・・
それじゃぁこの部品を購入して交換すれば元通りになるのですが、ここで問題があるのです。

フリクションディスクとドリブンディスク。
この2つで確か50,000円近くする筈です。
(以前、見積もりを取りました)

そこでこれの解決方法なのですが、それは過去のヤナセ88F2の修理日記を参照してください。

除雪機修理【88F供曚修4

除雪機修理【88F供曚修5

とは言いましたが、実はあまり良い結果が得られませんでした。
5馬力程度の軽い除雪機であれば問題なく使えたのですが、8馬力の巨体ともなれば摩擦力が足りなくて走行に支障が出てしまいます。

※スズキのSS555(5馬力)に採用して、1シーズン程使用してみましたが充分に使えました。


なのでこの件は今後の課題として、何か思案してみようと思います。


さて。
ここを読んでいる、或いは検索で飛んでくる方々ではいらっしゃらないと思いますが・・・

もしも壊れて余している除雪機がありましたら一声かけてください。
9馬力迄の除雪機で札幌市内であれば引き取りに伺います。

状態次第では購入させていただきます。
冬の私の楽しい遊び道具ですので!(笑)

或いはちょっとした修理であれば左側にあるメールフォームから気軽に質問してください。
既に数件の問い合わせが来ておりますが、出来る範囲の対応をさせて頂いております。

が、私も趣味の範囲ですので詳しい話は判りかねますが(笑)


( ´∀`)ノシ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

SS865の修理の件

おばんでごさいます
SS865ですが去年から走行に違和感(速さが不安定)を感じ今年は使用3回目ですが異音に気付き下のカバーを外しました
そこで判ったのがフリクションディスクからの動力を受ける(パーツの名前が判りません)主軸のギアが減ってしまって空転してるようでした
クラッチ?部分の交換が必要でしょうか?
詳しく相談にのっていただけたら幸いです

秋田県からメールさせて頂いてますがこちらにはスズキの除雪機が少なく困ってます
お力になって頂けませんでしょうか

>今野様

管理人の鱒(マス)です。
お返事が遅くなりました。

ご質問のSS865の件ですが・・・
写真などは御座いませんでしょうか?
私が思っている部分と違う可能性がありますので、もし写真などがあるのでしたら送っていただきたく思います。

一度、左側にあるメールフォームからメールをお願いいたします。
折り返し此方から指定のアドレスにメールを送りますので、そのアドレス宛に写真を添付していただければと思います。

部品によっては手持ちの中古品が使えるかもしれません。
宜しくお願いいたします。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する