ヤマハ SA560E Ricky(リッキー)修理記録-【完結】及びミッション分解編

  • 2013/01/29(火) 16:56:17

現在、本業の元請担当者がインフルエンザでダウンしているので時間があります。
なのでこの隙に一気にカタをつけてしまおう!って事で本日も作業開始です。

で、いきなり完成(笑)


除雪試験もバッチリです。
走行も問題ありません。

ここにリッキー完成!!

☆★☆CONGRATULATION☆★☆


しかしまだ作業が残っています。
使わないほうのリッキーの分解です。
パーツ毎に分解しておけば保管スペースも少なくて済みます。

さらに!
問題のギヤボックスの分解!!

これをせずしてリッキーを語れません。

ギヤボックス分解の前に他の部分の分解&整理を終えてから、イザ!勝負!(笑)
と意気込んでみましたが実際は簡単でした。


順番にケースを開けていくと・・・

ん?
なんだろう?このギヤ。
飾り?バラスト?


んなこたーない。
抜け落ちているんですね。
シャフトにキズが付いています。


で、元々の位置はココ。
シャフトがポッキリ折れています。


だったらこのシャフトを購入して交換すれば直るんでしょ?って事になるのですが・・・
このシャフトは単品販売されていません。
こんな感じで全て一式でのセット販売で、価格は驚きの69,825円。


以前、詳しいコメントを頂いたので予想の範囲でしたが、目の当たりにすると残念感でいっぱいです(笑)

でもでも原因が判ってスッキリ。
さらに構造も完全に理解できたので、とても良い勉強になりました。
これでまた一つ経験値が増えました!

お疲れ様でした、自分。

あ。
そうそう。
このリッキーはHSTって事になっていますが・・・
違いますね(キリッ

便宜上HSTという言葉を使って無断変速である事を謳っているんだと思います。
パーツリストを見たときに「アレ?」とは思いましたが、分解して確信が持てました。
なのでオイルもHST用のオイルじゃないですね。
これも勉強になりました!


それと先日書いた「シュート回転モータ不動」の件です。

分解してみましたが特に問題は無さそうです。


コミュティータも綺麗ですしブラシの磨耗もそんなにありません。
水が浸入した形跡もありませんでした。

なので再び組み直して完成。


試しに除雪機に接続してみましたが無事に動きました。
なんだったんだろう?
コネクタ差込み不良だったのかな。


って事でSA560E リッキーの修復記録はこれにて完結です。
おめでとう!
ありがとう!

これでやっと手軽な5馬力が使えるようになったので、8馬力との使い分けで除雪も楽になります。

シーズンが終わったら全塗装しよう〜っと!

( ´∀`)ノシ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

お疲れ様でした。大変勉強になりました☆あのシャフトだと、何とか溶接出来そうなサイズですね。

鱒さんのおかげで、頑張ってバラしてみる気がおきました☆

>恭比古 様

分解するのであればガスケットを注文してからがイイと思います。
再生不可能ですので!

溶接は・・・恐らく強度が取れないのでNGかと思いました。
軸は炭素鋼でしょうから、溶接で焼きが入ってしまって靭性が無くなってさらに折れ易くなっちゃうかも。

どうせなら強い鋼材で作り直す方がいいかもしれません。
スケッチして寸法を取っておけばよかった・・・と、今更思いました(笑)

すばらしい技術ですね

SA560Eのブログ拝見しました。
1/27私も知人か譲り受けました。除雪はできますが、
走行時に時々カクカクとなる、
オーガのレバーを話しても、弱く動いている、
という物です。
とりあえず、実家に持って行き、私が帰省したときに使うので、このまま使いますが、もしものときは、ご相談させていただきたいと思います。

T小野寺 様

コメント有難う御座います!
オーガーのレバーを離しても動いているというのはワイヤーの調整で済むかな?と、分解時の記憶を辿っています。
またカクカク病は、私のようにシャフトが折れている訳ではなく、上記のパーツリストでいうと赤四角で囲った部分の左から6つめの部品の外周が磨耗しているのかな?と思います。

以前私がヤマハに問い合わせをした際には、その症状が出てしまった場合には修理ではなく買い替えを提案していると仰ってました。
部品代と作業工賃で、普通に動く中古でバリっとしたリッキーが買えてしまいます。

走行の負荷をかけずに使用することで騙し騙し使うしか無いかと思います。
もしもの際にはご相談ください。
修理には部品代だけで相当な費用が発生してしまいますので、金額があえば走行しているうちの買取りも可能です。
分解して部品単位で売りに出しますので(笑)

中古除雪機購入の相談でもOKです。
ご紹介できる所がありますので!
(今期はどこも在庫が無いので、来期に向けてになるかもしれませんが)

ご検討ください。

大変参考になりました

鱒さん、はじめましてこんにちは。
SA560E リッキーの情報を検索していて、貴殿のブログに出会いました。
腰上(エンジン部分)や、オーガ部分は何とか自分でメンテナンスしながら、愛用しています。 最近クローラの動きが悪くなって、いよいよギヤボックスなのかな?と思っておりましたが、ギヤボックスは未知の世界。 いったいどうなっているのかと、情報を探していましたが、貴殿のプログを拝見させて頂き大変参考になりました。 しかし、自分には、これほどの技量は無いのでミッション部分は悪化しないよう祈って静観です。 せめて、ミッションオイルだけでも交換してやろうと思ったのですが、右側のクローラの陰に、オイルレベル窓がありますよね、そして、窓の少し上にボルトが有り、取り外すとオイル注入口になっています。 たぶんこれがミッションオイルなのかな?と思っていますが、さて、オイルを抜く方法がわかりません。 ミッションを分解しなければ、ミッション部分のオイル交換はできないものでしょうか? どこか、取り出しボルトが有るのでしょうか? もしおわかりでしたら教えて頂きたいのですが、よろしくお願いいたします。

  • 投稿者: K2
  • URL
  • 2013/12/02(月) 00:22:06
  • [編集]

K2様

コメント有難う御座います!
「参考になった」という言葉は何よりも嬉しいものです!

さて問題のミッションオイルですが・・・
リッキーの腰下のギヤボックス部分は、実は二重構造になっております。
ひとつはギヤでもう一つはHSTっぽい構造の部分です。
なのでオイルも2種類あります。
ギヤの部分はギヤオイルSAE10W-30を1300cc入れ、さらに内部のHSTっぽい所にはHSTオイルを200cc入れます。
窓はHSTオイル用の窓です。

問題の注入口ですが・・・
実は今、リッキーは庭でシートの中にあるので確認出来ません。
(他にも5〜6台の除雪機と隙間無くくっついているんです)

詳しい事は見てみないと判りません・・・
そこまで覚えてないんです^^;
スミマセン。

オイルの性質を考えると、その部分のオイルを買える必要は無いかな?とも思います。

鱒さま、ありがとうございます

早速の回答ありがとうございます。

進行方向、右側にある「窓」は、HSTオイル用の窓なんですね。
交換の必要は、無いとのことで、安心しました。
このままにしときます。

それから、ギヤオイルは、進行方向、左側のゴム蓋の部分から、SAE10W-30を1300ccですね。
これも、どれくらい入れたらいいのか、わからずにおりました。

助かりました、ありがとうございます。

  • 投稿者: K2
  • URL
  • 2013/12/02(月) 09:59:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する