HS50〜80シリーズのミッションベアリング

  • 2013/11/25(月) 22:03:34

私のブログでは度々話題になるホンダ除雪機のHS50〜80シリーズの問題点です。

私も設計業を営んでおりますので、この部分は明確な意図を持って設計されていると思える部分です。
ですがそれは必ずしもユーザーにとって最適とはならない様な設計です。

悪く言えば・・・・
定期的に交換が必要になるように設計されています。

ここからは少し厳しい文言になります。

メーカーも商売です。
なので、ず〜っと壊れない機械は評判は良くても後に首を絞めてしまいます。

そこであえて定期的に工場に入るようにして、メーカーやサービス店にお金が落ちるようにしなくてはなりません。
また、定期的に買い替えの需要が無いと新規の設計費が出ません。
何十年も使える除雪機は、まさにメーカーにとっては「しまった」になってしまう訳です。

それがまさにHS50〜80のミッションのベアリングです。


あえて一部分だけを開放型にしているなんて、それ以外に説明が付きません。
他の部分は非接触型ではなく、接触型で密閉度を保ったモノを使用しているんですから。

という事で私は接触型のシールドを採用します。 


パッキンの劣化&破断は否めないので、液ガスを使ってシールします。
液ガスも用途によって数種類を使い分けています。


こんな感じでミッションも良好になりました。
まだまだ現役な一台になることでしょう。


そして気になる汚れも落としながら組み立てます。
そういう作業で意外なエラーを発見する事もあるので、面倒でも洗浄は欠かせません。

油汚れが劣化(錆)を防ぐ事もありますので、防錆剤も塗布しています。



因みに・・・
元々はガラガラと異音が出ていました。
その異音はエンジン始動で気が付かない範囲です。
しかし、実は内部では致命的な故障が起きていました。
このままでは今シーズン中に走行不能になっていたでしょう。




続く。


( ´∀`)ノシ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する