またまた除雪機の修理記録です

  • 2011/10/21(金) 16:13:52

DEX410Rのブラシレスモーターが届きました!!
これで全ての部品が揃い、組立再開!と思いきや・・・

その前に除雪機を直してしまわないといけません。
因みに・・・今回修理している除雪機はYAMAHAのYSM870という除雪機です。
発売開始から15年程経過してるのかな?
よく判りませんが、除雪機としてはまだまだ健在の筈です。

それでは簡潔に、修理記録を。

先ずは、前回までで問題となっていた電装部品の修理から。

ダイオードはもげてしまった端子の根元にハンダで線を追加。
こうすることで端子に力が掛からないので大丈夫。


リレーは電通してみたが完全にアウト。


なので手持ちの汎用の4極30Aリレーで代用。


【2012.11月追記】
その後代替リレーでも問題なく動いております。
メーカーは違いますが、コレも同じ性能だと思います。
リンク先に結線図も書いてあるのでオススメです。

エーモン 1244 リレー 4極・DC12V車専用・30A

新品価格
¥980から
(2012/11/29 10:35時点)





鍵紛失&マイナスドライバー挿入済みとの事でしたので、キーシリンダーを分解して「何でも回せる君」に変更(笑)

(2011.10.27日追記:防犯の為、モザイク処理しました)

で、ついでに接点の回路図もメモしておきます。
後にスイッチを交換する予定。

(2011.10.27日追記:防犯の為、モザイク処理しました)

この状態でセルモーターのテスト。
元々の結線が不明でしたので、脳内で回路図を思いながら繋ぎます。
ダメだったら燃えるだけ〜♪と思っていましたが、無事にセルモーターが回りました。


これで電装関係の故障状況を把握出来たので、あとは後々に部品を調達して改造します。
セルモーターのスイッチを、最近流行のLEDのプッシュ式とかにしたい!という野望があります(笑)

で、次はエンジン始動工程に入ります。
分解清掃したキャブは見ての通りピッカピカに。


で、リコイルをエイッ!と引くこと3回目でエンジン始動。
バッチリです。
暖気が終わってからアイドリングの調整とガバナの調子も確認して、問題なし。
これで機関関係は終わり!

さ〜て。
エンジンが始動すると判れば、次は各部のメンテナンスと再塗装です。


先ずは折れてしまったエンジンマウントブラケットを購入。
よく壊れるらしく、ヤマハにて在庫がありました。
(YAMAHA品番:7KF-11013-01)



フレームの塗装をするので、エンジンも降ろしてしまいます。
で、リコイルを外してビックリ!
フライホイールのサビがハンパねぇ!
ワイヤーブラシで軽く落として、セルモーターのギヤ部分に給脂だけしておきましょう。


エンジン、オーガー、クローラーを外してしまえば何だか判らない胴体とハンドル。
パネルの部分も塗装の為に、後に外す予定です。


で、本業の仕事もあるので作業は午前中のみです。
午後はこんな感じで車庫を占有しております。


こういうサビも今回は処理します。
灰色の塗料は「サビの上から塗れる」という塗料ですので、ワイヤーブラシ+ドリルのコンボでグリグリとサビを落としてから下地として塗り塗りします。


オーガーケースやシュート内部に塗る塗料です。
シリコン配合の塗料は雪の付着が軽減されるので、オーガーやブロワ、オーガーケース内部やシュート内側へ使うのに最適です。
手持ちがピンクしか無かったので、今回は可愛らしくピンクにします(笑)


除雪機の塗料についてはコチラに詳しく書いていますので参考にしてください。


インペラー(ブロワ)はオーガーよりも高回転で回るので、ベアリングのチェックを忘れてはいけません。
(ベアリングは写真のブロワの背面にあります)
油切れしてましたが、ゴロゴロ感も無かったので注油でOKでした。
(注:煩い除雪機って、ここがダメな場合が多いです。その際にはオーガー両端に付いているベアリングと互換があるので、調子の良いベアリングをブロワの背面に使いましょう)



写真はありませんが、今回はVベルトも交換します。
特に走行用ベルトの損傷が激しかったので、走行用のVベルトは交換の際にグレードを一つ上げます。

【オーガー用】
・三ツ星ベルト株式会社 LB36(オレンジ)
・7KF-46241-00(YAMAHA品番)

三ツ星ベルト 農業機械用Vベルト オレンジLB-36

新品価格
¥1,882から
(2012/11/29 10:33時点)





【走行用】
・三ツ星ベルト株式会社 LA35(STD)
・7KF-46242-00(YAMAHA品番)

三ツ星ベルト 農業機械用Vベルト オレンジLA-35

新品価格
¥1,154から
(2012/11/29 10:34時点)





これが純正で使われているVベルトですので、走行用もグレードをオレンジに変更しました。
因みにVベルトは規格品なのでバンドー化学?、他のVベルトでも使えます。

便利なリンクも発見しました。
ロシアのサイトですが、色々な除雪機のパーツリストが乗ってます。
ttp://yamaha.keramik.od.ua/user/snowthrower/index.html
(先頭にhを付けてください)
今回のYSM870は載ってませんがYSM870Eが似た構造でしたので参考にしています。

走行のフリクションディスクは問題なし!
まだまだ使える!って事で脱脂のみ。

除雪機の修理をこの土日で終わらせないと、次に控えているATVを除雪仕様に改造する作業が終わる前に雪が降ってしまう・・・

続く・・・

( ´∀`)ノシ 彡

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する