ホビーウイング XeRUN 120A V2.1改造

  • 2012/04/30(月) 14:10:01

新しく購入したホビーウイングのアンプXeRUN 120A V2.1をDEX410に搭載する事になったのですが、今まで使っていたスピードパッションのGT2.0とさほど変わらない概観なのでポンッと乗るだろうと思っていました。

しかし私の搭載方法ではそれが出来ないという事に気がつきました。

スピードパッションGT2.0の搭載方法はこんな感じ。
RX-451の凹凸部にピッタリフィットさせています。


で、今回のHWのXeRUN 120A V2.1は配線の出口が違うために受信機と干渉してしまいます。


そこで配線の出口を変更する改造を行う事に決定!

先ずは基盤の一部を切削。
スイッチの配線を通す為の逃げを作ります。


あとはケースの上部に配線を通す分だけを削って完了!

・・・と、ここだけ書けば簡単なのですが実際にはスイッチを分解して線を一旦取り外す作業とかもあって少しだけ手間でした。

で、完成はコチラ。
ファンは風量の多いスピードパッションを使用し、なんとなく紫アルマイトでカッコイイヒートシンクもスピードパッションのものを使用(笑)


当初、ケースもスピードパッションのカーボン柄のものを使用するつもりでしたが、センサーケーブルのコネクターの位置が微妙に相違しており不可能でした。
残念!



DEX410Rに載せるとこんな感じ。


今、写真を見て気が付きましたがファンの向きが逆ですね・・・
これではヒートシンクから空気を吸い込む側になっております。
DEX410のクラーボディを載せた場合はファンの直前部にボディに開けた穴が位置するので、穴からのフレッシュエアーをヒートシンクに当てるのが正解だと思います。

ファンの向きについてはファン周りの環境で変わるので、空気になったつもりで空気の流れ方を考えましょう(笑)

またダスティーな路面だったり屋外コースでの雨天を考慮すると、ヒートシンクから風を吸い込む方が無難だと思います。


RX-451の受信機ともピッタリです。


参考にされる場合はあくまでも自己責任でお願いしますね。

( ´∀`)ノシ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する