車庫内の整理

  • 2013/02/10(日) 18:19:54

整備の順番と、普段使う除雪機を考えながら車庫内の整理を行いました。
動く除雪機を一旦外に出したので記念撮影です。



左から
8馬力なのに除雪幅65cmなので良く飛ぶスズキSS865ES
除雪幅が80cmと口が広いヤナセ808S
小さくて扱いやすいけども繊細なヤマハSA560E Rickey
得体の知れないUSA除雪機TECUMSEH社のSNOW KING
一番馬力があるが軽くて細かい融通の利くホンダHS970K2
各部に手を加えているので凄い投雪距離のヤマハYT875

色々と使い比べているのでそれぞれの特性が良く判ります。

年代も整備状況も違うので一概にどれが良く飛ぶか?の比較は出来ませんが、除雪機を使った事がないのであれば、やはり新しいタイプの除雪機の方がオススメになりますね。
シュートも電動だと好きな位置でビシッと固定出来ますし、速度も無段変速なので慌てずに操作できる速度で走れます。

操作に慣れてくると古いタイプの除雪機のほうが車体重量が重い傾向にあるので、硬い雪にも負けずにガンガン行けるというメリットがあります。
スズキやヤナセなんかは足が速いので移動にもイイですね。
移動の際にはスロットルをハーフにしてエンジン回転数を下げる事で燃費にも騒音対策にも良いですが、それでいて足が速いので重宝します。
しかし、古い除雪機には重要な問題点もあります。
新車に比べると、当然のように故障の可能性が高くなります。
どんな整備をされていたのか?にも依りますが、場合によっては購入後初めての除雪で故障なんて話もあり得ます。
そのトラブルに対応できるかどうか?診てくれる所があるか?も重要ですし、時に部品の供給が終わってしまっている事も多いので、上手に部品を直す&見つけることが出来るか?が肝になります。

しかし、それらがクリア出来るのであれば電装品でごちゃごちゃしていて修理の際には素人の手には負えない新しい除雪機よりも、機械的に修理が可能な古い除雪機の方が修理も安価で早く済むでしょう。
部品を手に入れることが出来るかどうか?が分岐点ですね。

例えば最新のハイブリッド等は、何かしらのトラブルがあると部品全てまとめて全交換(単品販売はされていない事が多いです)。
診断にも専用の機械が必要という話を聞きましたので、設備のある所でしか診れない。
ドカ雪が降ると動く除雪機も多いので故障も多くなるが、診れるところは既に予約でいっぱい。
順番待ちをしているうちに雪が積もって・・・
なんて事があるかもしれません。

その点、古い除雪機であれば単品の部品単位で交換すれば使えるようになる事が多いので、それさえ手に入れれば、ちょっと工具に慣れ親しんだ人であれば交換して修理が完了。

一長一短なので、それぞれの環境で見極める事が大事です。

でも・・・
やはり無難なのは新しい除雪機ですけどね。
一般向けの最新除雪機。
マニア向けの古い除雪機。
(但し、アフターと技術のある販売店からの購入であれば問題ありません)
こんな感じでしょうか(笑)

最新の除雪機は見た目もカッコイイので、見比べると(´・ω・`)ショボーンとしてしまう。
まぁ、私の愛情を注いでいる大事な機械たちなのでそういう事はありませんが(笑)
でも並ぶのはちょっと嫌かも(笑)

色々と使ってて思うのは、やはり慣れが一番ですね。
操作に慣れてしまうと体が次々と流れ作業で勝手に動くようになります。
そうなるとメーカーが違う除雪機を使うと、一つ一つの操作で戸惑ってしまいますので。

私は普段は写真一番奥のヤマハYT-875を使っています。
オーガーの上下を固定するレバーが低い位置になるので、そのレバーはいつも足で操作しています。
慣れるとコレが便利に感じます。

が、一方ではスズキのSS865ESはハンドルが左右で繋がっているので腹を押し付ける事で腕力に頼らない操作が可能になります。
また、オーガー回転のバーを左手で握りながら親指で走行レバーを操作すれば走行速度も自由自在になります。

まぁ、最近の除雪機はサイドクラッチは当たり前ですし、オーガーの上下も電動/油圧だったりなので操作は楽ですけどね。
やはり進化しています。

それぞれの欠点
SS865ES:除雪後の地面があまり綺麗ではありません。
808S:まだそんなに使っていないので不明です。
リッキー:荒く扱うと壊れてしまいそうで怖いです(笑)
SNOW KING:整備中なので未使用。
HS970K2:馬力の割に重量が軽いので硬い雪には乗り上げやすい。
YT-875:調子に乗って掘り下げると地面まで行ってしまう(笑)
まぁ、最後のYT-875はそれだけ地面を削れるという長所にもなりますし、自己流で色々と手を加えてしまっているので比較としては別枠になってしまいます。

皆さんの参考になればと思います。

※私個人の見解なのと私の所有している状態での比較ですので、同じ型番の除雪機でも違う場合があります。
また、除雪環境によって大きく左右されますので、あくまでも私の環境下での感じた事になりますので注意してくださいね!

( ´∀`)ノシ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する